藤枝エコノミックガーデニング戦略会議(Bグループ)開催

DSC06343

去る6月12日、第2回目の「藤枝エコノミックガーデニング戦略会議」(Bグループ)が駅南図書館・集会室で開催されました。

市内企業関係者4名、有識者、商工会議所が参加し、海外への販路拡大、SNSの活用などについて、少人数ながら活発な意見交換が行われました。

[参加企業]

㈲敬光堂✿バイキングカヤックジャパン㈱

バーズSHOP&家具工房ボーボワ✿㈱小杉苑

 

販路開拓についての意見

<日本製の品質の良さはよく知られている>

・ヨーロッパ本場で自社の家具を試したい。直売したいが課題がある。DSC06294

・日本製の品質の良さは海外で評価されている。

漆製品は日本工芸品として海外で知られている。

<アジアでのビジネス展開を考えてはどうか>

・仕入れの関係で中国ともやりとりしている。中国もおもしろい。

・日本製品を中国のブランドで販売する(OEM)のはどうか。

・売り込むならアジアが良い。

・おたけせんべいの中国輸出を検討した時、消費期限など条件の違いが課題となった。売ろうとする相手(国)のことをよく知るべき。

<メンテナンスできる代理店が必要>

・輸出を検討する際、アフターメンテナンスのできる代理店を手配することが課題となる。

<既存製品の売れるマーケットを知りたい>

・交流機会を増やしたり、会議に出席して行くことで知識を増やして、新しい販路を開拓したい。

・自社製品が売れるマーケットを知りたい。

 

自社・製品PRについての意見DSC06307

<関連する他業界イベントでPRしている>

・建築関係のイベント時に自社のオーディオ機器をPRしている。

<感性に訴える製品PRをしたい>

・機能性よりも感性に訴える製品PRをしたい。

<オピニオンリーダーになり得るファンづくり>

・バイキングカヤックではカヤックのモニターを設けて、情報発信に活用している。

・雑誌よりも人気ブロガーの方がPR効果がある。

・知人からの口コミ、Facebookは有効である。

 

製品開発についての意見

・地域にあうタイムリーな商品開発をしたい。

・価値観の同じ人(デザイナーなど)と開発したい。

 

ブランド化についての意見DSC06348

・製造業のブランド化は日々の積み重ねによる。

・「和ろはシャツ」は有名人愛用で注目された。

・ブランディング活動は重要な要素となる。

・製品やサービスの価値に見合った(高額な)価格設定とすることも販売促進となる。

 

ビジネスマッチングの場についての意見

<企業家・経営者の交流の場づくりが進んでいる>

・静岡市のビジネスコミュニティ「リンク」が開設された。6/18には「シダ・リアル・ビジネス・リンク」が開催される。参加申込者の7割はFacebookユーザーであり新しいコミュニティツールは有効である。

・意図せぬマッチングの起こる場がほしい。

FacebookなどSNSの活用>DSC06350

Facebookは自分を売るツールとなる。

Facebookが会話のネタになり得る。シャイな日本人こそ活用してはどうか。

次回までの課題

・SNS(Facebook、ブログなど)に関心を持つ。