藤枝エコノミックガーデニング戦略会議(Aグループ)、開催。

意見まとめ模造紙

去る5月30日、第1回目の「藤枝エコノミックガーデニング戦略会議」(Aグループ)が駅南図書館・集会室で開催されました。

小売業をはじめとする市内企業関係者10名、有識者、商工会議所が参加し、藤枝を元気にするアイデア、身近なビジネスマッチングなどについて意見交換をしました。

はじめは少し硬い雰囲気でしたが、話し合いを進めるなかで思わず感心してしまう駄洒落も飛び出し、会議後半には参加者同士で自然と名刺交換が行われました。

 

 

藤枝を元気にしていく方法についての意見

<人の集まるまちにする>DSC06145

・常時人を呼べるまちにする。

・集客イベントを企画し、効果的に発信する。

・回遊性のある地域にする。

・歩いて、自転車で、おもしろいまちにする。

 

<地域でつくったものを売る>

・地域でつくったものを売る。

・経済効果を上げるための方法を考える。

 

<個々の企業を盛り上げる>DSC06147

・起業をアシストする。

・自店を元気にする。

 

<新たな連携をつくる>

・既存の組織とは異なるつながりをつくる。

・地域を盛り上げる連携協議会を立ち上げる。

・「まちゼミ」。意欲ある人が集まる場づくり。

 

<地域の情報を共有し、発信する>DSC06166

・情報収集の場をつくる。

・情報交換会を行う。

・藤枝の良い所を皆で共有する。

・蓮華寺池公園に藤枝アンテナショップ。

・地域のボランティア情報を入手したい。

 

<地元に愛される>

・まずは身近な地元の人に認めてもらう。 など

 

 

身近なビジネスマッチングについての意見

<週末イベントで地域連携>DSC06243

・イベント時に染飯等の特徴ある商品を売る。

 

<酒、茶、スイーツ、サッカーのコラボ商品>

・酒と粉茶の地方発送。

・サッカー最中の皮で新しい物を挟む。

・「茶菓」「キック」等のサッカーと絡めたスイーツ。

・サッカー観戦客向けのサッカー弁当。 など

 

次回までの課題

・同業者のニーズ把握。

・地域イベントのリストアップ。

・サッカー関連の情報収集。