ビジネスをつくる仕事(W159.4コ)

著者 :小林敬幸 氏
出版社:講談社
出版年:2013年10月

本書では、どの分野にいようとも数多くの新しいビジネスをつくる方法と、そのためのビジネスを見る視点を、著者が現場で体験した具体的なエピソードを交えて紹介しています。

著者は現代の優良企業は、一つのビジネスで安定的な競争優位を維持しているのではなく、10年以内の一時的な競争優位をくさりのようにつないで、結果として高い業績を継続していると考え、現代の企業は新しいビジネスをつくり続けなければ生き残れないと説きます。

本書の構成としては「基礎編」、「応用編」、「実践編」の三部構成となっていて
「基礎編」ではビジネスをつくるという仕事の基本的な考え方や心構えを述べ、ビジネスをつくる喜び、「よく見て、どこでもやる」心構えやビジネスが成長するステップなどを説明します。

応用編では、偶然の取り込み方、お金の流れを見ながらビジネスの位置取りをする方法、お客に価値を提供する方法などを説明。

実践編ではビジネスをつくるために、自分の属する会社やパートナーの会社をどう動かすか、どう組織をつくるか、そして、社会の変化にどう対応するかを説明しています。

本書で想定している人は社内新規ビジネスの開発を担当している人、起業家を目指す人、会社に入って何年かたち、ビジネスを体感したがもう少しステップアップしたいと思っている人を想定していますが、どの立場の人にも参考になる書籍ではないでしょうか。